ステーショナリー,  手帳

1日1P手帳エディット(EDiT)の使いこなし方

 

当メディア編集長・杤金真奈美がマークスのエディット(EDiT)1日1P手帳を使い始めて2018年で4年目。

独立を決めた2014年から使っていて、2019年も引き続き使う予定です。(もう買いました)

 

こちらでは杤金真奈美流・使いこなし方についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カレンダーページの使い方

 

最初にカレンダーページがついてます。

私はここで生理の日の管理をしてます。

 

日付に〇印をつけ、時間を書いてます。

これで来月はいつ頃来るかな?がひと目でわかるのでとても便利です。

 

 

 

 

 年間計画ページの使い方

 

左ページには年間のおおまかな野望を書いてます。

右ページには年間の野望を叶えるための具体的な行動について書いてます。

 

手段は時として変わるので、野望によってはその通りにやってないこともあります。

その際には手段を再考し、書き直してます。

 

消せるペンではなく、線を引いて書き込んでます。

その方が備忘録になるためです。

 

こちらの書き込みは毎年1月のはじめにしてます。

 

その後は定期的に見て、野望の進捗状況について確認するようにしてます。

自分のライフスタイルや考え方の変化によって、年の途中に変わることもあるし、

思い切って辞めることもありますので野望には更新が必要です。

 

 

 

 

 マンスリーページの使い方

 

各日はざっくりとした予定を書いてます。

午前中の予定は上部分に、午後の予定は下部分に書くようにすると、午前/午後がぱっとわかって便利です。

 

欄外の上には今月のトピックスを書いてます。

今年は9月にクリックポストの値上がりがあったのでそれを書いてます。

 

欄外の下には引き落とし額について書いてます。

 

 

 

 

 1日1ページの使い方①

 

バーチカルとして予定を見ることが出来るように線を引いてます。

365日分なのでかなり大変ですが、使い始める前に全ページ済ませるようにしてます。

 

線を引いた左にはバーチカルとして利用し、予定を書きます。

右側にはライフログを書いています。

 

・その日にする予定のこと

・実際にしたこと

・ブログ、メルマガのネタ

・映画や展示会などのチケット半券を貼る

などを書いてます。

 

ビジネスに関するアイデアも以前は書いていましたが、その日に着手するもの以外は書かないようにしました。

どの日に書いたかわからなくなるためです。

 

アイデアが埋もれないように、アイデアについては他にノートを使ってます。

手帳と同じB6サイズの方眼ノートでたいてい持ち歩いています。

電車内などノートが出せない時にはスマホでメモしておいて、後ほどノートで整理するようにしてます。

 

 

 

 

 1日1ページの使い方②

 

月の終わりに1か月の反省を書くようにしてます。

31日あった月は最後のページにあるノートを利用し、30日しか無い月はノートが無いので

後ろについているノート部分を使ってやってます。

 

私は「捨てることは人生を豊かにする!」というコンセプトの元、捨てる方法についてブログで発信しているので

・今月の反省

・今月出来た事、手に入れた事

と、

・今月捨てた事

について書くようにしてます。

 

反省だけだと出来ていなかったことにフォーカスしがち。

ですので、出来た事・手に入れたことも書くようにしました。

 

捨てたことについても書いていると、より自分の毎日が快適になっていくことも実感出来るので

こちらもおススメです。

 

杤金真奈美の公式ブログ

捨てることで人生を豊かにするソロライフニスト的生活

 

 

 

 

 購入はお早めに(おススメの購入方法)

 

杤金は毎年、9月には買うようにしてます。

8月にはオンラインストアで発売されていますので、早めの購入がおススメ。

素敵なカバーのものは売れてしまうためです。

 

毎年、同じフォームのモノを使っているんだから中身だけ買えばいいのでは?とも思うのですが

手帳はいわば仕事の相棒。

来年の気分に合わせてやはり新しいカバーが良いなと思い、毎回変えています。

 

 

2018年のものはこちら↓


商品名:EDiT 1日1ページ B6変型/ダイアリーカバー ベルト付ジャケット

 

オフィシャルサイトではカラーはレッド、とありますが、どうみてもオレンジ。

むしろ、2018年はオレンジの気分だったのでこちらを即買いしました。

今年一年、見るたびにワクワクしました。

 

カバーを別売りしていますが、公式オンラインストア(オンラインマークス)ではピンク、グレーは売り切れ

こちらのレッドのみ残りわずかとなっていました(2018.11.8現在)

 

2019年のものはこちら↓

商品名:EDiT 1日1ページ 2019年1月始まり B6変型 シルエット ベルト付き ジャケット ペディール「シャイニーピンク」

 

マークとボタンがシャイニーピンクなところがいいな!と決めました。

 

こちらのシリーズはブラックとシャイニーピンクの2色展開。

一部直営店と公式オンラインストア(オンラインマークス)でしか買えません

 

ちなみにオンラインストアではシャイニーピンクは残りわずかみたいです。(2018.11.8現在)

 

もし行動範囲内に直営店が無い場合には、オンラインストアでの購入がおススメです。

 

オフィシャルサイトはこちら

2019年版 MARK’SDIARY(手帳)が新登場!!★1冊送料無料(メール便)

 

 

 

 手帳を使いこなすコツ

 

せっかく買ったのに使いこなせなかった、という話もよく聞く話。

私も過去そうでした。

 

それは、買う時にはワクワクしながら買うのに、自分の字の汚さに手帳を見なくなっていったからです。

字が汚くて、楽しく書けなかったし、ワクワクしながら見ることが出来なかったんです。

 

だから、独立する前は一年の中で何度も手帳を買い直したりしていました。

今思えば、無駄なことをしていました。

 

また、同じ年にスケジュール帳が何冊もあると、翌年になった時に去年の今頃何してたっけ?が探せなくて

非常に効率の悪いことだということにも気づきました。

 

独立してからは探すという時間が勿体ないと感じたので、エディットでライフログ管理をする!と決めました。

 

それに併せて綺麗に書くこと、ちゃんと書くこと、丁寧に書くこと、という「自分ルール」に

とらわれることを辞めました。

 

考えてみれば、誰に見せるわけでもなく、自分しか見ないものです。

 

字が汚くたって、それも私。

 

と、受け入れるようにしたら、年の途中で買い直したいという気持ちも起きなくなりました。

一年間、愛着を持って使えるようになったんです。

 

相変わらず字は汚いのでお見せできませんけどね。

自分だけに読めて、内容がわかって、楽しくてワクワクできるならそれでよいのです。

 

字が汚くて自分にも読めないとか内容がわからないという方は、今より少しだけ丁寧に書けば済むことです。

殴り書きにも程がある、というだけですから。

(私もたまにあるのでそんな時にはいつもより少しだけ丁寧に書くようにしてます)

 

後になって読めない、わからないはライフログとして機能しませんので是非気持ちを改めましょう。

 

今はこちらの1日1p手帳でライフログを管理し、持ち歩き用の小さな手帳を1冊持っているだけです。

 

 

手帳は人生を豊かにするためのツールです。

 

 

自分が書いていて楽しい!ワクワクする!といった

自分らしい使い方を見つけることが手帳を使いこなすコツです。

 

あなたの2019年が、あなたらしく楽しくてワクワクする一年となりますように!

 

 



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です