エンターテインメント,  ドラマ

全体的にかったるい「向かいのバズる家族」第1話を観てドラマの制作意図を推測してみた

編集長・杤金は無類のドラマ好き。

連ドラは毎回、初回を見てから続きを見るか決めています。

 

こちらの記事は2019年4月期の連続ドラマ「向かいのバズる家族」について、あらすじとドラマの制作意図を推測した記事です。

 

編集長・杤金の独断と偏見なのであくまで参考にしてくださいね!

 

 

 


 

 

 

向かいのバズる家族 あらすじ

 

平凡な4人家族。

一見、仲の良い普通の家族ですが、それは見せかけの姿。

家族がそれぞれに対して関心を持っておらず、そして家族はそれぞれに人には言えない秘密を持っている。

それが匿名配信しているSNS。

ところがひょんなことから主人公・あかり(内田理央)の動画がバズったことから状況が変わっていく・・・

 

 

 

向かいのバズる家族 第1話からドラマの制作意図を推測してみた

 

SNSをテーマにしている、というのは今どきで面白いな~と思いました。

が、展開が全体的にちょっと、いや、かなりかったるい。

 

テレビや映画でSNSがテーマになる時、たいていは悪いイメージで表現される。

怖い、とか恐ろしい、とか。(同じか?)

 

私が思うに、特にテレビはテレビを観て欲しい制作側の悪意が感じられます。

 

SNSをテーマにすることでテレビの視聴率を上げる、というところではSNSを利用し、けれど安易にSNSを使っているとある日突然怖いことが起きるよ~と脅かされている気がしてならないんです。

 

楽しいと思って使っていても、自分を認めてくれる唯一の場所だと信じていてもそれは幻想にすぎず、時に思わぬ拡散が炎上を引き起こし、えらい目に合うよって。

 

だからSNSばかり見てないで、テレビに戻っておいで!というメッセージが込められている気がしてならないのです。

 

要は、若者のテレビ離れ対策かな、と。

 

このドラマを観るまで内田理央さんのことを知りませんでしたが、若い人に人気なのかな?をキャスティングして、若くてかわいい子はSNSで人気者になるけど、アンチも増えるとか、高岡早紀さんの熟女セクシー動画は本人が思っている以上に痛いと思われているものだとか。

SNSを非難しているようにしか思えない。

 

ということで、SNSのなんたるか?を知らない人が制作しているから展開がかったるいのかな、と感じました。

 

編集長・杤金個人としてはSNSは毎日を豊かにするためのひとつのツール。

 

Instagramは私の新しもの好きという好奇心を元に好きなモノや想いを発信するもの。

Twitterは世間への考え方をつぶやき、Facebookはお友達への近況報告に使っています。

アメブロは要らない物事を捨てることで人生を豊かにする方法を発信してます。←がメインのお仕事

 

「私」を発信し、「私」を知ってもらうことで誰かの毎日をちょっと豊かに出来たらいいな~という気持ちで発信してます。

 

私のお仕事はアラフォー独身女性が自由で生きやすい世の中を作ることであり、アラフォー独身女性の毎日を豊かにすることだからです。

 

 

第2話も冒頭観ましたが、やはりかったるいので途中で離脱。

内田理央さんや高岡早紀さんのファンの方ががっかりしなきゃいいけどな~と願うばかりです。

 

SNSの闇について気になる方は観てみてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です