エンターテインメント,  ドラマ

視聴率1桁台スタート「ストロベリーナイト・サーガ」苦戦の理由はこれしかない!

編集長・杤金は無類のドラマ好き。

連ドラは毎回、初回を見てから続きを見るか決めています。

 

こちらの記事は2019年4月期の連続ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」について、あらすじとドラマの制作意図を推測した記事です。

 

編集長・杤金の独断と偏見なのであくまで参考にしてくださいね!

 

 

 


 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ

 

警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係。

男社会の警察組織においてノンキャリアから警部補まで成り上がった姫川玲子(二階堂ふみ)は、直感と行動力を武器に数々の事件の真相に迫ってきた女性刑事。

年上の巡査部長・石倉保(宍戸開)、巡査・湯田康平(中村大樹)、一番弟子の大塚真二(重岡大毅)を姫川班として率いる。

そこに巡査部長・菊田和男(亀梨和也)が異動してきた矢先、葛飾区の公園内になるため池でブルーシートにくるまれた変死体が発見される。

(公式サイトより抜粋)

 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ 低視聴率の理由推察①キャストが弱すぎる

 

何と言っても全体的にキャストのキャラクターが弱い!

 

キャストひとりひとりが悪いんじゃなくて、前作が前作なだけにそれぞれのキャラクターが弱い。弱すぎる。

 

二階堂ふみさん演じる姫川玲子は、勘が良いというより若者の行き当たりばったり感が凄い。

 

原作を読んでないので姫川玲子というキャラクターが本来どんなものなのか?を知らないので正解がわかりませんが、原作者は松嶋菜々子さんをイメージしていたそう。

 

映像化された際にキャスティングされたのは竹内結子さんでしたが、それなりにハマったのでイメージが強く残っているせいか二階堂ふみさんは違和感しかない。

 

ストーリーも第1話については前回と全く同じだったので(ストロベリーナイトの所以だから仕方ないけど)、新鮮さもなく、キャストのキャラクターが弱いためあまり面白くない。

 

名前は知られてるけど、これといった目玉キャストが出てないことも要因なのではないかと思われます。

(宍戸開さんとかって久々に見たんだけど)

 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ 低視聴率の理由推察②二階堂ふみ

 

二階堂ふみさんは若手女優さんの中でも実力派と言われています。

個性もあり、演技力もあって素敵な女優さんですが、姫川玲子という役柄には若すぎることと、ちょっと軽い。

 

前回の竹内結子さんの時も、始まった時は若くて華奢で女性刑事役ってどうなんだろう~?と観てたけど、忘れられない過去を抱えながらも一生懸命に背伸びして気負っている女性刑事という役柄がハマったような気がする。

「強さ」と「弱さ」が出てたな~と。

 

その点、二階堂ふみさんはクールな顔立ちなので感情的になるシーンに違和感があったかな。

忘れられない過去を抱えている感も弱い。それほど気にしてなさそうに見えた。

苦労して成り上がった感もないし、なにより主人公なのに存在感が薄い。

 

つまり、「強さ」も「弱さ」もなく「普通」

ここが竹内結子さんの時との決定的な差だなと感じました。

 

また、「お嬢ちゃん」って言われているのが竹内結子さんの時はむかつくー!と思ってたけど、二階堂ふみさんには似合うかな(笑)

 

竹内結子さんの時は「悔しい!」という気持ちが表現されてたことが良かったけど、二階堂ふみさんの場合、「うるさい!」って聞く耳を持たない女の子感が出ててそこもイマイチ。

 

勿論、全くの別人が演じているんだから思い描いているキャラクターも、演じたいと思っているキャラクターも、描きたい世界観も違うんでしょうけど、そこにはやはり前作を超えるものが無いと。

 

と、諸々、主人公の抱える色々なことに対しての重みが感じられないから、なんだか軽く見える。

一生懸命な女性刑事感は伝わるけど、なーんかしっくりこないな~というのが感想です。

 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ 低視聴率の理由推察③亀梨和也

 

編集長・杤金は亀梨和也さんのことが好きなんですが、ドラマとなるとどーにもつまらなくて出演作はあまり見ません(笑)

 

アイドル俳優の場合、この人の作品は絶対に面白い!という人と、この人の作品は面白くないんだよね~というものがあり、亀梨和也さんは残念ながら後者。

 

声に抑揚が無く、いつも同じ感じだからでしょうか。

 

今回の菊田役。

前作が西島秀俊さんだったのでやはり弱いな~。

 

あの「ちょっと影があって絶対何か憑いてるよね感」は、西島秀俊さんにしかない魅力。

 

観た瞬間「軽っ!」と言わざるを得なかった。

 

それに亀梨和也さんも二階堂ふみさん同様、若いということもハマらない要因かなと思います。

年齢的には30歳を過ぎているので決して若くはありませんが、見た目が若い。西島秀俊さんより若い。

 

というのも苦戦する理由なのではないかと思います。

 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ 低視聴率の理由推察④江口洋介

 

ストロベリーナイト・サーガの広告を新聞で見た際のこと。

まさか江口洋介さんがガンテツじゃないよね~と思っていた編集長・杤金。

そのまさかでびっくりしました。

 

武田鉄矢さんのキャラを超えるのは無理でしょー!

 

髪型、服装、鼻の頭の赤さなど、見た目に気を遣わない(遣う時間なんて無い)現場好きベテラン刑事を演出しているんでしょうけど、ちょっと不潔な感じがしました。

重鎮感も全くないし。

これほど弱いガンテツはガンテツじゃない!

 

ガンテツと姫川玲子は親子ほどの年齢が離れている、という意味では江口洋介さんと二階堂ふみさんで正解なんでしょうけど、これまた若さが原因でしょうね。

 

江口洋介さんのガンテツさ不足のガンテツ、むしろいたたまれない。

武田鉄矢さんのような重みのある役を演じるには、まだまだ色々不足しているんでしょうね。

 

 

 

ストロベリーナイト・サーガ 今後への期待

 

特別に誰が悪い!というわけでもないんだけど、ちょっとインパクトに欠けたことで低視聴率スタートとなったリメイク版・ストロベリーナイト・サーガ

 

実力派たちの弱いキャラクターが強いものになっていくことを期待しつつ、時間があれば観ようかな~という感じです。

 

今夜の第2話はシリーズの中でも人気作品である「ソウルケイジ」

さて、どんな展開になるのでしょうか?

 

フジテレビ 22時放送~です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です