ビューティー,  ムダ毛処理

【脱毛器比較】レーザー脱毛VS光脱毛 家庭用で使うならどっち?

これから夏本番!

そろそろ脱毛を始めませんか?

 

こちらの記事では、編集長・杤金がエステに通った経験と、家庭用脱毛器のお試しレビューをご紹介します。

是非、脱毛において何を選ぶか?の参考にしてください。

 

 

 


 

 

 

手軽な脱毛方法の危険性

 

あなたは脱毛、どうしていますか?

 

脱毛には色々と手段があります。

 

手軽なのは

・かみそりや電気シェーバーで剃る

・毛抜きで抜く

など。

 

しかしこれらはお肌を傷つけるし、お手入れした後に乾燥を防ぐためのケアが必要

 

それに、長い月日が経つと共に埋没(埋もれ毛)となってしまい、毛穴がポツポツしてしまいます。

実は編集長・杤金はこれで悩んでいたんです。

 

でもこれはエステでの痛い経験が元になりました。

 

 

 

 

エステ通いをしていた過去と辞めた理由

 

20代の頃、わきの脱毛でエステに通っていました。

当時で費用は10万円くらい。2年間通いました。

 

というのも毛には「毛周期」といって生えてくる周期があるからです。

2ヶ月に1回通って、2年間でわき脱毛を終了、というものでした。

 

けれど意外と2か月に1回行くというのは結構面倒くさい

 

後半、終了期限に焦ってこまめに通うことになってしまい、綺麗に脱毛を終わらせることができませんでした。

 

もちろん脱毛を始めたころのような毛質ではありませんが、今でも1,2本は細い毛が生えてしまいます。

全てを綺麗にすることは出来ませんでした。

 

 

その後、VIO脱毛にも通ったことがあります。

わき脱毛で通っていたエステは潰れてしまったので、大手エステに変えました。

 

その際、痛くて痛くて耐えられなくて2回で脱落

 

当初は10回で終わると言われていましたが、痛みに弱く低い電力でしか出来ないので、20回は通わないと脱毛できないと言われました。

 

2ヶ月に一回、20回ということは3年以上かかります。

 

3年以上もこんな痛さ耐えられない!ということと、3年以上も通うということに気が遠くなり、3回目を行く気になれませんでした。

 

結果、3万円で通い放題でしたが、行かずにドブに捨てた経験があります。

 

 

以来、エステでの脱毛は痛いものだ、と行くのを辞め、見えるところはシェーバーや毛抜きで対応。

見えないところはほったらかし。

 

そして20年経った今は埋没した毛が増えてしまいました。

 

 

エステ脱毛と家庭用脱毛器それぞれのメリット、デメリット

 

当時はまだ家庭用脱毛器は無かったし、「脱毛はエステでするもの」というのが常識。

ところが今は家庭用脱毛器が増え、「おうちエステ」が可能に!

 

そこでエステ脱毛と家庭用脱毛器のメリット、デメリットについてそれぞれ考えてみました。

 

 

エステ脱毛のメリット

・剃っていくだけで寝ているだけでいい

・脱毛漏れがない

・機械の掃除の手間がない

 

エステ脱毛のデメリット

・契約金が高額だし、部位ごとに掛かる

・通うことが面倒

・基本的には予約変更が出来ない

 

家庭用脱毛器のメリット

・自分の好きな時に出来る

・照射レベルを自分の好きに変えられる

・エステよりは安価で1台あれば全身出来る

 

家庭用脱毛器のデメリット

・エステよりは安価だが高価な買い物ではある

・機械が壊れる可能性がある

・くまなく脱毛することが難しい

 

 

エステ脱毛、家庭用脱毛器それぞれにメリットデメリットがあります。

どちらがいいのか?は、自身の生活リズムと性格によると思います。

 

お金を出してもいいから楽に脱毛したい、という方はエステ脱毛が。

お金を抑えて自分のペースで好きな時にしたい、という方は家庭用脱毛器での脱毛が向いていると思います。

 

編集長・杤金は断然、おうち脱毛派!

 

何といっても自分の好きな時に出来るし、1台持っていればエステのような部位ごとの契約金が不要なのでコストが断然安いからです。

 

 

 

機械を使った脱毛の種類とそれぞれの特徴

 

では、家庭用脱毛器は何を使えばよいのでしょうか?

 

主に機械を使った脱毛の種類は3つ

・ニードル脱毛

・光脱毛

・レーザー脱毛

があります。

 

 

ニードル脱毛

毛穴に針を刺して電気を流し、脱毛します。

脱毛の中で一番痛いと言われています。

友人がやっていたが、ものすごく痛くて大変だと言ってましたが、とてもきれいになるとも言ってました。

大手が取り入れた方法で、脱毛の流行りはじめはこの方法しかありませんでしたが、今はあまり聞かなくなりましたね。

 

 

レーザー脱毛

レーザーで毛や毛根、周辺組織にダメージを与えることで脱毛します。

毛を育成する組織を破壊することで、毛を育成する組織が無くなり、毛が生えてこなくなります。

痛みはニードル脱毛の次に痛いと言われています。

 

医療脱毛といわれるものはレーザー脱毛を指し、医療従事者しか施術することが出来ません。

費用は全身で30万~50万ほどと言われています。

 

ただし、家庭用レーザー脱毛器を販売しているメーカーはひとつだけあります。

それが「Tria(トリア)」

 

医療レーザーを応用した家庭用脱毛器は世界で唯一トリアだけです。

 

医療従事者しか施術することが出来ない、と前述しましたが、レーザーの使用が制限されているのは医療従事者ではない第三者が営利目的で使用する場合のみです。

 

つまり、個人が自分自身にやる分には問題がありません。

ですからトリアのレーザー脱毛器を自分自身で使う分には全く問題ありません。

 

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

 

 

光脱毛

光で毛や毛根、周辺組織にダメージを与えることで脱毛します。

光の束でメラニン色素に熱を与え、毛根がダメージを受けることで毛が抜ける脱毛法です。

 

毛根が無くなるわけではないので毛は生えてきますが目立ちにくくなります。

光の束の中に美肌効果がある光が混ざっている機器もあるのでお肌がスベスベになります。

 

3つの中では一番痛みが少ないと言われています。

 

開業届けを出せば素人でも機械を操作できますので脱毛サロンと謳っているところは光脱毛が一般的。

フラッシュ脱毛、IPL脱毛、サロン脱毛、エステ脱毛と色々言い方がありますが、全て光脱毛です。

費用は10万~20万で、レーザー脱毛よりは安いです。

 

また、量販店などで売られている家庭用脱毛器は光脱毛器です。

国内メーカー、海外メーカー共に価格差や性能に幅があります。

 

 

毛の質が変わり目立たなくなるのでお手入れが楽になる、というのは共通ですが、いずれの脱毛方法も永久脱毛ではないので、毛が全くなくなるわけではありません。

永久脱毛は医療機関に通うしかありません。

 

家庭用脱毛器はレーザー脱毛か光脱毛しかないので、どちらかを購入することになります。

 

 

 

家庭用レーザー脱毛器「Tria(トリア)」について

 

家庭用レーザー脱毛器は世界で唯一「Tria(トリア)」だけ。

 

おうちでレーザー脱毛する場合には、トリア一択しかありません。

つまり、トリア以外の家庭用脱毛器は全て光脱毛器ということになります。

 

 

トリアの製品は、日本で厚生労働省にあたる米国のFDAから認可をうけた唯一の家庭用レーザー機器です。

 

FDAとはFood and Drug Administrationの略で米国食品医薬品局のこと。

食品や医薬品、化粧品、医療機器、玩具など生活において消費者が接する機会のある商品についてその許可や違反品の取り締まりを行うアメリカ合衆国の政府機関です。

 

アメリカではトリアのレーザーの安全性・機能性が厳しい治験・審査商品体制を通過し認証され市場へ流通しています。

アメリカは訴訟が多いので、特に審査には厳しいんだそうです。

 

トリアの特徴は、何と言っても家庭用レーザー脱毛器は他にはないということ。

 

医療レーザー脱毛でのやけどに関する事件が近年ニュースになりますが、メーカーに確認したところ医療用を応用して作られた家庭用レーザー脱毛器ではあるが、医療用ほど電圧が強くないためやけどはしないとのことでした。

 

訴訟でうるさいアメリカ本土が本社ということもあり、安全性には特に配慮しているということで今まで世界で500万台以上の販売実績がありますが、深刻な健康被害があったという話は無いそうです。

 

↓左右がパーソナルレーザー脱毛器4X。真ん中がパーソナル脱毛器プレシジョン

 

 

 

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xのお試しレビュー

 

・照射レベルが1~5とあるので痛くないところにあわせて使いますが、まずは1にして腕に使ったところ痛みはありませんでした。

 

(メーカーさんによると毛根があるうちは痛いので最初は1から始め、毛根が少なくなってきたらレベルを上げて利用するといいということでした)

 

音が静かでパチッというだけです。

・照射カウンターがついているので何回当てたのかが分かり便利です。

 

・照射口が小さくちょっとずつずらして使うため、腕や足などの広いところはかなり時間が必要になります。

(レーザーを真っすぐに毛根に向かって照射するため、照射口が小さいのは性能上致し方ないそうです)

 

・逆に指毛やVラインといった細かいところは当てやすいので、細かいところを脱毛したい人向きです。

(細かいところが脱毛出来る専用タイプが「パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン」です)

コードレスで連続時間30分使用できるので便利です。

 

・毛根に向かって真っすぐにレーザーを当て破壊するので最初は時間がかかりますが、徐々に目立たなくなっていくのでお手入れの間隔が広くなるため、長い目で見たら効果があっていいのかなと思いました。

 

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

 

 

 

 家庭用光脱毛器「PanasonicBeauty光エステ(ES-WP81)」の特徴

 

・2本のランプ(Wランプ)を採用したことで肌への刺激を低減し、連続発光なのに肌にやさしい

・ボディ用、フェイス用、Vライン用と3種類のアタッチメントがついている

・光を当てることで美肌効果が期待できる

照射面が広いため、1回のお手入れが楽

 

 

 

PanasonicBeauty光エステ(ES-WP81)のお試しレビュー

※2か月体験モニターとして利用

・肌色を感知してパワーを設定できるところはとても便利です。

・照射面が広いのでバンバン処理が進めら、時間が掛かりません。

 

 

・美肌効果は腕と足は感じられ、ツルツルになりましたが、顔はよくわかりませんでした。

・コードを繋いだまま利用するので場所が限られます。

 

・ファンの音が大きく、照射した時のバチっという音も大きくて最初はびっくりしますが慣れだと思います。

まっすぐに押し当てないと反応しないので手足の指毛は難しいです。

 

・パワーが高い方が効果が高いということで上げて使ってましたが、熱いし痛いし無理は禁物だと思いました。

 

 

 

 

❣レーザー脱毛と光脱毛、おうちエステにはどっちがいいの?❣

 

トリアのレーザー脱毛器は、毛根までレーザーが届くので早く結果が出て、効果が長続きすることが特徴です。

 

毛根が破壊されることで毛が生えてこなくなるので、お手入れする数が減っていくのもいいと思います。

ただし、まっすぐに毛根へレーザーを当てるという特性上、照射面が小さいのでお手入れに時間がかかることがデメリットだと思います。

 

ご紹介した光脱毛器の場合、照射面が広いので時間がかからずにお手入れすることができます

ただし、指の毛などの範囲が狭いところは当てづらく、目立たなくなるというだけで毛は生えてはくるのでお手入れの数が必要になります。

 

両方を使った編集長個人としては、どちらも顔は鼻より下の部分のみ、始めは2週間に1回やることが原則なので、所要時間的なことを考えると、腕や足といった広い面は光脱毛器で脱毛し、指毛やVラインといった細かいところはレーザー脱毛が向いていると感じました。

 

ちなみにデリケートゾーンであるIラインやOラインは、家庭用脱毛器では出来ないところは共通のデメリットです。

 

レーザー脱毛器と光脱毛器、どちらにもメリット・デメリットがあるとはいえ両方を購入するのはコストがかかるので、どちらかひとつと言われればレーザー脱毛器がおすすめ

 

少し時間はかかるものの、毛根を破壊するレーザーの方が最終的には綺麗になると思うからです。

光脱毛で効果を感じられなかった人が辿り着くのはトリアのレーザー脱毛器、と評判がいいことも理由です。

 

どちらのタイプもあなたがどこを自分で脱毛したいか?で選ぶと良いと思います。

 

手や足といった広い面を1回のお手入れに時間を掛けたくない場合には光脱毛器を。

丁寧に確実に時間がかかっても毛を無くしたい!という場合にはレーザー脱毛器を。

 

目的に合わせて選んでください。

 

 

 

脱毛を始めるなら5月がベストな理由 

 

レーザー脱毛、光脱毛ともに、毛が抜け始めるのは10日~2週間ほど後

気が付いた時に無くなっている、という感じです。

 

綺麗になったな、と効果が実感できるのは3か月後と言われています。

 

ですので真夏に向けて、脱毛を始めるなら今!

 

エステに通うのか?おうちで自分でするのか?

レーザーを選ぶか、光を選ぶか?

 

あなたに合った脱毛方法を見つけるための参考にしてくださいね!

 

 

 

 👍ご紹介している家庭用脱毛器について 

◆世界で唯一の家庭用レーザー脱毛器 「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

公式サイトから購入すると選べるプレゼント付き!

>>トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X 

◆細かいところをケア出来る「トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン

>>パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン

 

◆Panasonic Beauty 最新型光脱毛器「光エステ」ES-WP81

>>【ポイント10倍!5月17日〜18日01:59限定】Panasonic 光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP81 本体 ボディケア美容家電 【送料無料】 アットコスメ

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です