エンターテインメント,  ドラマ

笑いたいアラフォー女性におススメ!笑いとツッコミが止まらない!ラブコメドラマ「ルパンの娘」にツッコミ入れてみた

7月期の連ドラが続々スタート!

こちらでは深田恭子さん主演「ルパンの娘」についてご紹介します。

 

家族代々泥棒家族「Lの一族」の中で育ち、天才的な泥棒としての才能を持つ主人公・三雲華と

家族代々全員警察関係者の彼氏・桜葉和馬の恋模様を中心に描いたドタバタコメディ。

 

 

 

 

 

原作は横関大さんの小説で、この小説を実写化したドラマです。

2015年8月26日に単行本、2017年8月8日に文庫本が講談社から刊行されています。

 

初回が放送スタートになったばかりですが、

ツッコミどころが満載!

編集長・杤金、笑いっぱなしでした。

 

公式Twitterでもつっこみが追い付かない!と盛り上がってます。

こちらでも独断と偏見でバシバシ突っ込んでいきますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ルパンの娘 あらすじ

 

「わたしは泥棒の娘。結婚を考えた彼は警察官でした」

と、現代版・ロミオとジュリエットという不思議な世界を

深田恭子さんと瀬戸康史さんのコンビで描きます。

 

また、渡部篤郎さん、小沢真珠さん、どんぐりさん、

お久しぶりの栗原類くん、マルシアさんなど

個性豊かでキャラ濃いめキャストが周りを固め、ドラマを面白おかしく展開していきます。

 

泥棒という手段を使って自分たちよりもっともっと悪者を成敗する、痛快ラブコメディーです。

 

 

>>ルパンの娘「公式サイト」

 

 

 

 

 

 

ルパンの娘 主な登場人物 

 

三雲華(みくも はな) 深田恭子さん

本作の主人公。泥棒一族“Lの一族”の娘。代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘。家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。泥棒逮捕を仕事とする警察官・桜庭和馬と付き合っている。普段はおっとり優しいが、いざ仮面に身を包むと豹変する。

 

桜庭和馬(さくらば かずま) 瀬戸康史さん

華の恋人。代々警察一家の息子。自身も警察官で、泥棒逮捕が仕事なのだが、代々泥棒一家の娘、華と付き合っている。たびたび華の家族や悪党たちに追い詰められ窮地に陥っている。

 

三雲尊(みくも・たける) 渡部篤郎さん

華の父。美術品専門の泥棒で品のあるダンディーな男。三雲家が住んでいる高級タワーマンションの他の住人からキャビアや高級ワインなども調達している。三雲家の指示系統の主軸的存在で強力なリーダーシップと鋭い洞察力と実行力で一家を引っ張る。華が家業を継がないことをよく思っておらず、長男も引きこもりという現状に、”Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧。悦子とは常に欠かさずイチャイチャLovex2状態。

 

三雲悦子(みくも・えつこ) 小沢真珠さん

華の母。55歳という年齢を全く感じさせない妖艶な雰囲気を持つ宝飾品専門の泥棒。美意識が極限まで高く宝飾品や美しいものにに目がない。強力な実行力がある尊を心から尊敬し頼りにしており尊とは常に欠かさずイチャイチャLovex2状態だが、やるときはやる女泥棒。

 

Wikipediaより抜粋

 

 

 

ルパンの娘 つっこみ1「大所帯型キャッツアイ」 

 

見始めてすぐに感じたのは

大所帯型キャッツアイ

ということ。

 

キャッツアイは、行方不明になった父親を探すために、美人三姉妹が泥棒を繰り返し

父親の消息の手がかりを探す、というストーリー。

 

その姉妹の真ん中・瞳と、警察官の恋人・俊夫の恋を描きつつ、追いかけっこしてる作品でした。

 

こちらのルパンの娘は

✔家族代々泥棒一家vs家族代々警察関係者ということ

✔その泥棒一家の娘と警察一家の息子の恋物語

 

というところで非常に共通点が多く、かつ、

大人数ということから大所帯型と言わざるを得ない。

 

警察官なのに犯人に迂闊にもつかまり、ピンチに陥るところも似ているし、

それを泥棒の娘が正体を隠して助ける、というのもリンクします。

 

 

 

ルパンの娘 つっこみ2「深田恭子さんというキャスティング」 

 

キレイなんだけど、なんだかまた太ったなぁというのが第一印象。

お相手の瀬戸康史くんより大きくない?と(笑)

 

普段、おっとりしているのに盗みとなると豹変する、というキャラクターなのですが

おっとりしているところはわかるけど、豹変したあとの機敏さがどうも深田恭子さんのイメージに無く。

 

どちらかというと「運動が出来ないモタモタとしたどんくさい子」

というイメージが強いし(本当にそうかはわかりませんよ?)

 

しかもたいぶぽっちゃりしてるのでそんなに機敏に動けないでしょー!と言わざるを得ない。

実際、走っている姿見ても、足遅そう~という走りですしね。

 

しかも泥棒する時の衣装!

 

赤紫色のスエード調全身タイツに

仮面舞踏会みたいなキラキラの目元だけ仮面!

 

いくら変装とは言え、目立つでしょー!(笑)

 

当然、全身タイツはピッチピチ。

寸胴でずんぐりむっくり。そこがまたモタモタした感を醸し出している。

 

 

映画ヤッターマンのドロンジョ様を彷彿とさせます。

 

深キョンってぽっちゃりなのにぴっちり衣装がウリなんだろうな、と思うほどに・・・

 

 

 

 

 

 

ルパンの娘 つっこみ3「瀬戸康史さんというキャスティング」 

 

深田恭子さんとは逆に線が細いので、警察官なのにちょっと弱そう、

というのがぴったりですね。

 

頼りなくぼんやりしてそうな感じなので、

犯人に捕まっちゃう時もそりゃ捕まるよね~という感じが出てます。

 

正義感が強く、まっすぐというのはイメージにあうのでいいかな。

 

ただ、ちょっと子供っぽいので深田恭子さんの恋人というよりは可愛い弟みたい。

恋人としてのバランスはあまり良くないという印象でした。

 

ま、どっちにしてもカッコイイからいいけど(笑)

 

 

 

 

 

ルパンの娘 つっこみ4「その他のキャストと世界観」 

 

渡部篤郎さんのダンディーな父親、小沢真珠さんの53歳には見えない母親っぷりはいいとして

初回では盗もうとしたものを横取りされ、退散するというシーンがあります。

 

その際、全身タイツに仮面舞踏会用のメガネで公道を走っているんですが・・・

目立つでしょー!

なぜ捕まらないのー!

 

 

またお久しぶりの栗原類くん。引きこもりのハッカーという役どころですが

衣装である全身タイツが

なんとへそ出し!

しかもすごいギャランドゥ!!

 

気になる方は公式Twitterのヘッダー見てね。

 

同じくお久しぶりのマルシアさん。

最初、吉田羊さんかと思っちゃいました。

 

瀬戸康史くんの母親役ですが、鑑識課の非常勤職員って・・・

 

桜葉家は警察一家とはいえ、誰一人として捜査一課に勤務した実績がなく、

それが一族の悲願となっているのですが

さほどエリート家族ではないのに

警察関係者としか婚姻を認めないとかっていうところが

逆にダサく感じます。

 

 

ミュージカルのように歌う場面もあったりして

とにかく世界観もあべこべで、恋愛ドラマだけどコメディー要素がかなり強く

登場人物がみんな濃い!

 

 

そこがここ数年無かった要素がつまったドラマかなと思います。

 

 

 

 

 

ルパンの娘 おすすめのポイント 

 

公式Twitterにもあるように「つっこみどころ満載さ」がこのドラマのウリ。

おかしな世界を真剣に演じているキャストに笑わずにはいられません。

 

木曜夜10時 ルパンの娘

現代版・ロミオとジュリエットが織りなす痛快ラブコメディー

 

抱腹絶倒!

つっこみどころ満載!

登場人物みんなクセが強い!

 

 

ストーリーは単純なので

ただ笑いたい!という方におススメです。

 

 

ただいま見逃しテレビTVerにて第一話配信中。

>>ルパンの娘

 

 

原作はこちら⇩

ルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ]

価格:907円
(2019/7/14 00:48時点)
感想(1件)

 

来週以降も楽しみなドラマ。継続視聴決定!です。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です