ビューティー,  ヘアケア

ポリフェノールで頭皮を健やかに保つ、染めない毛髪ケア「SUNA BIOSHOT(スーナバイオショット)の使い方のコツ)



 

 

染めない毛髪ケア「SUNA BIOSHOT(スーナバイオショット)」

 

黒の密度に働きかけるタラタンニンをはじめ、 頭皮をすこやかに整えて豊かな美髪へ導く

5つの植物成分がナノ化された状態で配合されています。

 

若い時代に感じた頭髪のハリやコシに、 黒密度の高さなどを再現出来るようにという思いで

開発されたアイテム。

 

新商品であるプレミアムシリーズは、主成分でポリフェノールの一種である

植物成分タラタンニンをより増量

新たなポリフェノール成分、 ジカフェオイルキナ酸も配合されています。

 

 

男女問わず、白髪・薄毛が気になる人が使えるスカルプケアなので、

家族で使うのもアリ!

 

 

また、シリコン・合成界面活性剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・防腐剤・合成保存料の

7種の化学成分も無添加で安心な処方になってます。

 

 

>>さらに詳しくレビューした記事はこちら

 

 



 

 

さて、こちらのSUNA BIOSHOT(スーナバイオショット

 

ノズル式なので一見、使いやすそうなのですが、実際に使い始めてみると

ちょっとした不便を感じるようになりました。

 

それは、ノズルで狙ったところに吹きかけることが出来る分、

吹きかける範囲が小さい、ということ。

 

頭皮全体に吹きかけて使う場合に、ロングヘアの編集長・杤金としては

毛染するように、ちょっとずつ髪をめくって吹きかけるという行為が大変面倒!

と感じてました。

 

そこでメーカー様に使い方をレクチャー頂いたのでこちらでご紹介しますね。

 

 

 

SUNA BIOSHOT(スーナバイオショット)の使い方

 

少しずつ髪をめくって地肌を出して使うのではなく、

ブロック分けして吹きかけていくと良いそうです。

巻き髪をするような要領ですね。

 

ちょっと多めに吹きかけてマッサージする時に広げていくと

まんべんなく付けることが出来るので良いです。

 

マッサージした後は、髪がくしゃくしゃになるので

ブラッシングが必須!

 

ブラッシングすることでまたさらに広げられるので良いと思ってます。

 

 

スカルプケアアイテムは、

地肌にしっかりと馴染ませることが大事

 

そのためには、

地肌全体にきちんと広げてからマッサージすること

がもっと大事です。

 

 

いまいち使いづらいな、と感じている方は参考にしてくださいね!

 

>>商品についての詳しいレビュー記事はこちら

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です