ソロライフ,  編集長コラム

ソロライフという生き方のメリット・デメリット

 

ソロライフとは、独身人生という意味ではなく、

自分のことを誰よりも愛する自分を大事にする生き方。

 

結婚してもいいし、しなくてもいい。

子供を持ってもいいし、持たなくてもいい。

パートナーを持ってもいいし、持たなくてもいい。

 

つまり、どっちでもいい。

自分が幸せになれるなら。

 

自分の幸せは、自分で決めるもの。

誰からに言われたから決めるんじゃなくて、自分の意思で決めるもの。

 

ソロライフとは、誰よりも大切な自分の生き方を、自分で決めることが出来る生き方です。

 

とはいえ、どんな人生を選んでもメリット・デメリットはあります。

ソロライフのメリット・デメリットについて考えていきましょう。

 

 

 

 


 

 

 

ソロライフとは自由だけどちょっと不自由な生き方

 

ソロライフとは、大切な自分を誰よりも愛する生き方。

そして、誰にも何にも束縛されない生き方。

 

無理をせず、我慢をせず、いつでも自分らしく生きること。

 

これは自由な生き方ですが、反面、ちょっと不自由な生き方でもあると思います。

 

なぜなら、自分らしく生きることは、敵が多い生き方だからです。

だって、誰にでも出来るわけじゃない。

 

世の中、しがらみの中で生きている人、無理や我慢をしながら生きている人の方が圧倒的に多いからです。

 

そういう人から見たら、妬まれるし、嫌われます。

 

言いたいことを言うだけで、自分の想いを口にするだけでも嫌われます。

自分と価値観が違う人を認められない人が多いからです。

 

自分と他人は違う

 

そんな当たり前のことにちゃんと気付けていて、日ごろから常に心に留めて置ける人は少ない。

 

自分よりも経済的にも、精神的にも豊かな人生を送っている。

 

自分にとっては最高の生き方。

しかし、理解できない多数派には妬まれて、嫌われる。

 

そんな自由でちょっと不自由な生き方です。

 

 

 

ソロライフのメリット 

 

ソロライフは、大切な自分を誰よりも愛する生き方。

 

具体的には、ひとりの時間も楽しみ、誰かといる時間も楽しめること。

 

つまり、自由な生き方。

 

会社員でも、起業家でも働き方は何でもよいですが、

働き方は生き方を決める指標でもあるので

 

自分が納得のいく場所で、好きな仕事をしていることが理想的。

 

納得のいかない場所で、好きになれない仕事を毎日していたら、

無理と我慢の連続でストレスにまみれることは間違いないからです。

 

無理と我慢の連続でストレスまみれの人生なんて、一番自分を大事にしていない生き方です。

 

独身は誰かを養うことも基本ないし、仕事は自分が食べていければいい。

 

よって、自分で選べるものです。

 

編集長・杤金は、それになかなか気づくことが出来ず、無理と我慢の連続で

ストレスにまみれたOL生活を20年やってました。

 

 

そんな20年間の中で手元に残ったものは、突発性難聴で聞こえずらい左耳の聴力と

バセドウ病発症により、通院するという現実。

現在、通院歴は8年目になりました。

 

もちろん、楽しいこともありました。

 

稼いだお金で海外旅行へ行き、お酒を飲みに行ったり、好きな芸能人を追いかけていたりしました。

 

幸せとは、お金で買う物。

お金で買えないものは要らない。

 

そんな風に思っていました。

 

けれど思えば、これらはみな、無理や我慢をしている現実からちょっとだけ逃げる手段。

現実逃避の手段であり、自分の人生に満足する方法ではなかったんです。

 

ひとりの時間はダラダラと寝て過ごし、誰かといる時間で気持ちを紛らわせるだけ。

 

私自身が一番、自分を大切にしない生き方をしていたんです。

 

また、40歳手前の頃には、当時お付き合いをしていた人に結婚を迫り、逃げられました(笑)

他の人と違う自分に少し焦りを感じていたからです。

 

けれど、何かや誰かに逃げる生き方は、結局自分を幸せにしないし、巻き込まれた人だって不幸にする。

 

こうして私が幸せになるために一番遠い場所である会社員生活を捨て、今に至ります。

 

そして、自分ひとりでいる時間も大切にし、誰かと一緒にいる時間も楽しめる

無理も我慢もしない、わたしらしい自由な生き方をしています。

 

まだまだ経済的なところは課題ですが、OL時代のような人間関係に悩まされることもなく、

自分が幸せになるための人生だけに集中できているので満足です。

 

ソロライフとは、自分の人生にだけ集中することで無理や我慢といった無駄なことと無縁になれる。

そこが一番のメリットです。

 

 

 

ソロライフのデメリット 

 

自分の人生だけに集中する生き方とは、他の誰かを無視するというわけではありません。

自分の幸せを追求し、自分が満たされると他人にも優しく出来るようになります。

 

逆に、自分が満たされず、他の人が自分よりも満たされた人生を送っていると感じると

やっかんでしまったり、いじわるになってしまうもの。

 

言わなくてもいいことを言ってしまったり、しなくてもいいことをしてしまったり。

そして、自身の器の小ささに幻滅することでしょう。

 

つまり、自分を大切にしない生き方をしないことは、結局幸せから一番遠のいてしまうんです。

 

ソロライフとは、自分を大切にする生き方。

つまり、デメリットはありません。

 

自分に集中する生き方にデメリットなんかありえないんです。

 

 

 

ソロライフは最高の生き方なのか?

 

ソロライフはメリットしかなく、デメリットはない生き方。

 

では、最高の生き方なのでしょうか?

それは一概には言えません。

 

最高の生き方とは、杤金が決めることでもなく、他の誰かが決めることでもなく、

あなた自身が決めることだからです。

 

ソロライフは、大切な自分を誰よりも愛することで、自分の幸せと豊かさを追求する最高の生き方。

 

これがあなたにとっても最高の生き方なのかは、あなた自身が決めることです。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です