【悲報】女性の薄毛、抜け毛は解消できない?メカニズムと改善方法について

ヘアケア
スポンサーリンク

 

アラフォーになると、薄毛・抜け毛にお悩みを抱える女性が増えてきます。

 

私も38歳でバセドウ病を患って以来、ホルモンバランスの崩れから毛周期が狂ってしまい、抜け毛が激しいんです。

当時はスカスカになってしまい、一回ショートヘアにしました。

 

が、今はまた伸ばしていて、腰まで届きそうな超ロング。

 

私が歩いた後には必ず抜けた毛が落ちてます。

そしてだいぶ薄くなったな、と感じてます。

 

出来れば元に戻したい!

そもそもなぜホルモンが崩れることで抜け毛や薄毛になるのか?

 

女性の抜け毛・薄毛を改善する方法はないのでしょうか?

そのメカニズムと改善方法を探ってみました。

 

 

 

 

 

アラフォー女性に育毛が必要な理由

 

私はアラフォー女性には豊かな毛が必要だと思ってます。

 

 

理由は

 

年齢よりもずっと老けて見えてしまうから

 

 

男性に感じませんか?

薄毛であるが故にまだ若いはずなのにおじさんに見える人。

 

女性も同じこと。

薄毛は年齢を感じさせるので、実年齢よりずっと老けて見えてしまいます。

 

これ、私は恐怖でしかありません。。。

 

 

 

健康な髪に必要な2つのこと

 

健康な髪に必要なことは

 

生活習慣の見直し

正しいお手入れ

 

の2つです。

 

 

そもそも髪悩みの原因は、「加齢」や「ホルモンバランスの乱れ」と思われがちですが、現代人の髪悩みの原因はそれだけにとどまりません!

 

 

現代人の髪悩みの原因は、

・ストレス

・喫煙

・睡眠不足

・偏った食生活

といったライフスタイルの乱れ

・パーマ

・カラーリング

といった髪や頭皮にダメージを与えていることも要因となっています。

 

 

また20代以降、髪は細くなり始め、1つの毛穴から生まれる髪の量も減少してしまいます。

そのために見た目の印象が変わっていってしまいます。

 

 

要は老けて見えてしまうってことです

 

 

加えて、

・皮脂分泌量の低下

・頭皮の硬化

・血行不良

などの頭皮老化が起こり、「薄毛」「細毛」などの髪トラブルを起こしやすくなります。

 

 

このように年齢を重ねるごとに深刻になっていく髪悩みを解決するには

 

生活習慣の見直し

正しいお手入れ

 

の2つを意識的に実践すること。

 

 

この2つを意識的に実践することで、健やかな髪を育むことが出来ます。

 

 

 

なぜ抜け毛、薄毛になるのか?

 

髪には一定の寿命と生え変わるサイクルがあります。

 

 

これは、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれ、抜け毛や薄毛にはこのヘアサイクルの乱れが大きく関係しています

 

 

通常のヘアサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」という3つのバランスがとれ、常に古い毛だけが抜け、新しい髪へと生え変わることができます。

 

 

しかし、加齢や生活習慣などさまざまな原因からヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなり、休止期が長くなる(生える毛よりも抜ける毛が増える)ことがあります。

 

 

これが薄毛の原因です。

 

 

つまり、

 

抜け毛・薄毛の予防にはヘアサイクルを正常に保つことがとても重要

 

なんです。

 

 

 

男性と女性では薄毛になる原因が違う 

 

薄毛と一言いっても、男性と女性では根本的な原因が違います

 

 

男性の薄毛の場合、額から薄毛になる「M型」、頭頂部が脱毛する「O型」といって、発毛サイクルの異常により額や頭頂部を中心に髪が抜けることによって起こります。

 

これは、男性ホルモンが多く分泌されることによって毛根が死んでしまうことが原因と言われています。

 

悲しいことに、一度死んでしまった毛根は生き返ることが出来ません。

だから男性の薄毛は治療が難しいと言われています。

 

 

それに対して女性は、全体的に細くやわらかくなる「びまん性」と言われる薄毛が多い。

 

これは女性ホルモンの影響で全体的に細く、ハリの少ない髪が増えることによって薄毛になってしまうことをいいます。

 

男性と違い女性は男性ホルモンの影響を受けにくく、ほとんどの薄毛の原因は妊娠・出産や生活習慣の乱れ、加齢による女性ホルモンの減少にあることがわかっています。

 

 

つまり女性の場合、毛根は死んでいないんです。

 

 

だから正しい頭皮ケアをすることで改善が望め、育毛効果を実感しやすい。

 

女性には「年齢のせいだから」と薄毛を諦める必要は全然ないんです!

 

 

 

女性ホルモンが乱れる原因

 

女性ホルモンが乱れる原因は生活習慣の乱れや妊娠、出産、ストレスなど様々。

 

大きな原因のひとつは「加齢」です。

 

 

女性の体は40歳を境に女性ホルモンの分泌量がガクっと減ります。

 

そして閉経を挟む10年間以降の老年期には、10歳以下の幼少期と同じくらいまで分泌量が低下してしまいます。

 

 

女性ホルモンの分泌量が減ると、毛の細さや密度が影響を受けます

 

 

女性ホルモンと女性の薄毛は深い関係にあるのですから、分泌量が減っていくアラフォー世代から薄毛悩みが増えていくのは当然なんです。

 

 

以上により、

 

薄毛悩みの改善には、女性ホルモンの分泌量と活性化がカギを握っている!

 

ことがわかりますね。

 

 

つまり女性の薄毛悩みは、

女性ホルモンを増やし、活性化させることが出来れば解決されるわけですが、加齢と共に減っていく女性ホルモンは、どうやったら増やすことができ、そして活性化させることが出来るのでしょうか?

 

 

 

女性ホルモンを増やす方法

 

加齢によって減少した女性ホルモンを増やすためには、どうしたらいいのか?

それは、育毛すること。

 

特に、女性ホルモンを増やすための成分が配合されている育毛剤を使うと効果が期待できます。

 

女性ホルモンを増やすための成分のひとつに「エストラジオール」があります。

 

エストラジオールは、女性ホルモンを活性化し、育毛・発毛を促進。

太くコシのある女性も憧れる美髪へと導いてくれるんです。

 

 

>>エストラジオールを配合し、厚生労働省から「育毛・毛生効果促進に効果効能がある」と医薬部外品の認定を受けている育毛剤「Hairmore(ヘアモア)」

 

 

 

4つの育毛習慣

 

とはいえ、育毛・発毛効果のある育毛剤を使うだけでは、健やかで健康的な髪は生えてきません。

 

育毛剤を使うのと同時に、生活習慣の見直しや、正しい髪のお手入れをすることでより効果が発揮されます。

 

 

健康で美しい髪を育むためには、以下の4つの育毛習慣が必要です。

 

育毛効果を内側から支える「髪が喜ぶ食生活」

頭皮のダメージを修復する「質の高い睡眠」

頭皮環境を整える「やさしく落とす洗髪」

ほぐし、髪に栄養を届ける「頭皮マッサージ」

 

 

 

育毛効果を内側から支える「髪が喜ぶ食生活」

 

健康で美しい髪を育むためには、髪の栄養を考えた食生活が欠かせません。

 

また、偏食や不規則な食生活が続くと栄養が髪に行き渡らず、成長に影響を及ぼすので絶対にやめましょう。

 

 

育毛を助ける3大栄養素は

 

髪を形成する主成分タンパク質・・・豆腐、納豆、卵、魚など

髪の成長を促すビタミン類・・・緑黄色野菜、青魚、かんきつ類など

細胞の働きを高めるミネラル・・・牡蠣、ほうれん草、ナッツ類など

 

 

刺激の強い食べ物や過度なダイエット、脂っこい食べ物や寝る直前の食事、ファストフードはNGです。

 

 

【参考記事】

髪に必要な食べ物を常に取り続けることは難しいし、適応量もわからない。

という時にはサプリメントがおススメです。

>>アラフォーからのAGA・白髪・育毛・美髪対策に!日本製サプリメント「エストロアム ヘアー」

 

 

 

頭皮のダメージを修復する「質の高い睡眠」

 

私たちの毛髪や頭皮は、紫外線や排気ガスなど知らず知らずのうちに日々ダメージを受けています。

 

これらのダメージは、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」によって修復されます。

 

 

しかし、睡眠不足や睡眠の質が悪いと、頭皮の修復に必要な「成長ホルモン」が充分に分泌されなくなるため、頭皮のダメージ修復に悪影響が出てしまいます。

 

 

特に午後10時~午前2時の時間帯は成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムなので、この時間帯に睡眠を取ることがとても重要になります。

 

お肌にとっても大切な時間と言われていますよね。

 

 

ゴールデンタイムに成長ホルモンが多く分泌されるように睡眠の質をあげる5つの習慣は以下の通りです。

 

1)寝酒を控える

寝る直前のアルコールは、就寝後、急激にアルコール血中濃度が低下するので眠りが浅くなる原因になります

 

2)日中に適度な運動をする

日中、適度に体を動かすことによって程よく疲労がたまり、自然と眠りに入りやすくなります

 

3)枕の赤さを心地よく眠れる位置に調整する

首に負担をかけると呼吸がしにくくなり、疲労がたまってしまいますので枕の高さは大切です

 

4)就寝前にPCやスマホを使わない

ブルーライトを浴びると入眠に必要なホルモンが分解されてしまい、浅い眠りの原因になります

 

5)1日6時間以上寝る

良質な睡眠を取るためにはある程度時間が必要であり、その目安は6時間と言われているためです

 

 

この5つは、お肌にもいい睡眠習慣なので積極的に取り入れていきたいことですね。

 

 

 

頭皮環境を整える「やさしく落とす洗髪」

 

「シャンプー中に抜け毛を多く感じる」

「お風呂の排水溝に毛が溜まってしまう」

 

これらは、頭皮環境が悪い証拠

 

頭皮環境が悪いと薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

 

 

ちなみに頭皮環境が悪いとは、頭皮に汚れや皮脂が詰まった状態のこと。

この状態だと育毛成分がしっかり浸透しません。

 

 

逆に、汚れや皮脂が詰まっていないキレイな頭皮であれば、育毛成分がしっかりと浸透するので、頭皮環境を綺麗に整える必要があります

 

 

頭皮環境を悪化させている大きな原因のひとつにシャンプーがあげられます。

シャンプー選びは大切です。

 

洗浄力の強いシャンプーは頭皮の乾燥を引き起こし、それによって皮脂の分泌量が増え、頭皮環境を悪化させてしまうことがあるからです。

 

ですから、自分の頭皮にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

 

【おすすめのシャンプーはこちら】

>>凜恋(リンレン)

>>育毛美髪専門サロンRE SALON(アールイーサロン)のヘアケアアイテム

 

 

 

ほぐし、髪に栄養を届ける「頭皮マッサージ」

 

頭皮マッサージを毎日のお手入れに取り入れることで、頭皮ややわらかくなり、血行が促進されます

 

 

また、頭皮マッサージを取り入れることで、

 

育毛や発毛を促す効果が期待できる

副交感神経が刺激されることでリラックス効果を高める作用がある

ストレス解消にも役立つ

 

と、頭皮マッサージには良いことしかないんです。

 

まずは、強くハリのある美しい髪を育てるには、頭皮を柔らかくしてあげること

 

 

頭皮が硬いと、毛根に栄養を運ぶ毛細血管が硬い頭皮に圧迫されて血の巡りが悪くなります。

すると、髪を成長させるために必要な栄養が充分に届けられないため、髪トラブルに原因へとつながります。

 

 

だから頭皮マッサージは大切なんです!

 

 

アラフォー女性の薄毛・抜け毛を改善する方法

 

女性の薄毛・抜け毛を改善する方法とは、

 

育毛効果を内側から支える「髪が喜ぶ食生活」

頭皮のダメージを修復する「質の高い睡眠」

頭皮環境を整える「やさしく落とす洗髪」

ほぐし、髪に栄養を届ける「頭皮マッサージ」

 

という『生活習慣の見直し』と『育毛習慣を実践する』こと。

 

 

よって、男性と違って、女性の薄毛・抜け毛は改善できる!んです。

 

 

\ツイッターやってます/

フォローしてね❤

最新記事更新のお知らせをしてます!

 

 

\Solo Life Ism 公式LINE@/

人気記事やおススメ記事についてお知らせしてます

 

 

\ランキングに参加中/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

ヘアケア
Solo Life Ismをフォローする
Solo Life Ism
タイトルとURLをコピーしました